クーラーによる冷房病が怖い季節! やっぱり運動が一番の対処策

クーラーによる冷房病が怖い季節! やっぱり運動が一番の対処策

暑い夏の時期、外はとても暑いが、室内は最初は涼しくて良いが、結局、凄く寒い。そう感じられている方、多いのではないでしょうか?

クーラーによる冷房病という病気まで存在します。

これは、外気と室温の差によって、体調が悪化するのです。

クーラーによる冷房病は、冷房の強い環境により、結果として、自律神経が乱れることで引き起こされる病気です。その原因は夏は室温と外気の温度差により自律神経が乱れるためです。 冷房病の症状には、肩こり、頭痛、倦怠感、さらには風邪のような症状があります。

こうした経験、多くの方がされているのではないでしょうか?

本来、人間は夏には皮膚の下の血管を拡張し、熱を逃がそうとします。反対に冬には皮膚の下の血管を収縮させることで、熱を逃がしにくい体にすることで、季節の温度変化に体は適応しているのです。

しかし、夏型の体で長時間、冷房環境の中にいると、自律神経が血管を収縮させ、冬型の体に変えようとします。そのような状態で、外に出ると、今度は体が夏型に戻そうとして、結果として、自律神経が混乱してしまい、結果、体温調節機能低下するのです。

これがクーラーによる冷房病となるメカニズムなのです。

では、この冷房病に対処するにはどうしたら良いのでしょうか?一般的に、冷房病になりやすい人の多くが、運動不足だと言われています。運動不足は体の温度調節機能を低下させます。逆に日頃運動している人は適切に体が体温調整を行うので、比較的、冷房病になりにくいと言われています。定期的に日常に運動を取り入れて、体の機能を保っていただきたいと思います。

女性専用フィットネスファディーでは、運動が苦手な方でも、運動が継続できる、あなただけのプログラムを提供します。是非、お気軽にご相談ください。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
必ず痩せる!
ファディーオリジナルダイエットブックが今なら無料ダウンロード!
ダウンロードページはこちらから
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■