美しいボディラインの敵は「骨盤のゆがみ」だった! 「骨盤の役割」と「ゆがみ」による身体への影響は?

美しいボディラインの敵は「骨盤のゆがみ」だった! 「骨盤の役割」と「ゆがみ」による身体への影響は?

骨盤は、上半身と下半身をつないで体を支える大切な部分。なのに腰痛や姿勢など、体のどこかに痛みや不調がおこらないと、なかなか注目されない場所でもあります。身体に不調があって整形外科で診てもらったら骨盤の変形を診断されたり、整体院で指摘されたり、あるいはヨガやパーソナルジムなどで骨盤チェックなどをする機会がないと、なかなか自分では骨盤がゆがんでいることには気づきにくいものです。
「身体の要」といわれる骨盤について理解を深めていきましょう。

骨盤の構造と役割

骨盤は3つの骨からできている

骨盤は、くびれの下にある腰の骨の部分のことですが、中央にあるのが「仙骨(せんこつ)」、その両隣に左右一対であるのが「寛骨(かんこつ)」、そして「尾骨(びこつ)」の3つの骨の組み合わせから成り立っています。
また、寛骨も腸骨、恥骨、座骨の3つの骨から構成されています。

骨盤の主な役割は?

  • 上半身と下半身を繋いで身体を支える
  • 歩行時に足から伝わる衝撃をクッションのようにやわらげる(股関節)
  • 腸や子宮、卵巣、泌尿器(腎臓、膀胱、尿管等)などの内臓を保護する

など、身体の様々な器官と関わりながら、わたしたちの身体を守ってくれています。

骨盤のゆがみとは?

骨盤を構成する3つの骨をつないでいるのは、仙骨と腸骨をつなぐ仙腸関節、そして筋肉や靭帯です。

とても強い筋肉や靭帯でつながれていますが、座っている時間が長かったり、姿勢が悪かったり、あるいは出産など強い力で骨盤を支える筋肉が伸びたりすると、骨盤は正しい形が保てなくなり、3つの骨がズレたり捻じれたりして骨盤が変形する場合があります。

また、骨盤を支える周囲の筋肉は、月経やストレスによるホルモンバランスの変化にも影響を受けるため、筋肉が不安定になり骨盤に影響がある場合もあります。

このように、骨の結合部分にズレや傾斜が起こる状態が、いわゆる「骨盤のゆがみ」とよばれるものです。

骨盤のゆがみが身体に及ぼす影響

体重移動にかかる衝撃をやわらげたり、内臓を保護する役割を守ったりする骨盤は、ゆがみによって特定の筋肉が緊張したり、負担がかかって痛みや全身の不調を及ぼす場合があります。

一見関係ないように思えても、姿勢が悪いと骨盤がゆがんできて、下腹部など特定の場所に脂肪が溜まりやすくなりますし、骨盤のゆがみのせいで代謝しにくい体質になるとエクササイズの効果も出にくくなります。
このように、骨盤がゆがんでいると、痛みなどはまだ出ていなかったとしても、美容の面で大きな影響があるのです。

骨盤のゆがみと関係のある症状は?

  • 肩こり(後頭部から肩、肩甲部にかけての筋肉の緊張による鈍痛、違和感、不快感)
  • 腰痛、常に腰が張る
  • 可動域が狭くなる(胴体が捻りにくい)
  • 血流やリンパの流れが妨げられ、内臓機能の低下や代謝の低下につながる
  • 体形・姿勢が崩れ、特定の場所に脂肪がつきやすくなる
  • 尿もれ

    などが挙げられます。

 肩こりや腰痛、太りやすい体質などは、生活習慣も影響するため、すべての原因が骨盤のゆがみというわけではありません。また、子宮や腸、泌尿器官などの内臓機能の低下も、疾患が原因となっている場合があります。
しかし、骨盤のゆがみは、身体全体に悪い影響を及ぼすのです。

日常で骨盤のゆがみを予防する方法

骨盤のゆがみをセルフチェックしてみましょう。
両目を閉じて片足で立ってください。
10秒以内で片足をついてしまったり、グラグラと不安定でバランスを保つことができなかった人は、骨盤がゆがんでいる可能性があります。

骨盤のゆがみは、しみついた悪い姿勢や習慣、ライフスタイルに起因するものもあります。

ですが、1日1回、意識を持つだけで、悪化を抑えることもできます。

たとえ骨盤矯正の施術やプログラムを行って一時的に症状が改善しても、再び、骨盤に負担がかかる習慣を繰り返しては、元に戻ったり、悪化したりする一方ですので、継続的に、骨盤を意識して、正しい姿勢や足を組まないなど、骨盤にやさしい生活を心がけましょう。

身近にできる骨盤にやさしい習慣

  • デスクワークでは正しい姿勢で座る(片ひじをついたり、足を組んだりしない)
  • 長時間座る場合、良い姿勢や骨盤サポート機能があるクッション(骨盤矯正クッション、骨盤サポートチェア等)を活用する
  • 就寝前など、ゆがみを改善するストレッチを組み合わせて、じっくりストレッチする(例:正座をして、手を床につけて上体をゆっくり後ろに倒して10秒保つ)
  • 1日1回ラジオ体操をする
  • ヒールの高い靴は避けて、重たい荷物を持たずに、歩くことに集中したウォーキングの時間をつくる
  • 骨盤ベルト、(産後の骨盤のゆがみ防止の場合)

日常が忙しくて習慣化しにくい場合は、骨盤のゆがみ改善に着目した骨盤矯正プログラムやストレッチが組み込まれているヨガやピラティスを活用するのも良いでしょう。
今から気をつけ始めても決して遅くはありません。
自分のライフスタイルに合わせて、無理なく少しずつ実践していくことが大切です。

※体の痛みや不調が続く場合は、医療機関に受診しましょう。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
必ず痩せる!
ファディーオリジナルダイエットブックが今なら無料ダウンロード!
ダウンロードページはこちらから
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■