【絶対成功させるダイエットvol.10】糖質制限ダイエットの失敗事例

【絶対成功させるダイエットvol.10】糖質制限ダイエットの失敗事例

某ダイエットジムに通って、糖質制限を行なったが上手くいかなかった。そんな話を聞くことがあります。なぜ糖質制限が成功しなかったのでしょうか?

このコラムでは糖質制限ダイエットの失敗事例を元に、糖質制限ダイエットの正しい考え方をお話しします。

失敗例1:徐々に糖質を制限する

糖質制限で多い間違いは、徐々に糖質を制限することです。これまで糖質中心の食事であったため、徐々に減らすことで、糖質を制限していると考えてしまいがちです。しかしそれではゆっくりと低血糖になり、筋肉が分解される糖新生が起こってしまいます。

結果、ケトン体が肝臓で生成される量が増えるのも徐々になり、結果、ゆっくりとケトーシスになっていくことになります。

ということは、その間に、糖新生が起こり続け、どんどんと筋肉が減ってゆくことになります。

失敗例2:食べてしまう

また、徐々に糖質を制限するやり方は、空腹感が強かったり、エネルギー切れを感じることも多く、体調も崩れてしまいがちになります。またそれが故に、糖質を食べてしまうこともあります。これでは本来、求めている結果を得ることができません。

対策1:サプリメントの活用

そこで、別のコラムで掲載したサプリメントを活用することが有効です。

短時間でケトン体を作り出し、体内で利用できる身体になれば、結果として、空腹感も少なく、エネルギー切れも感じずに糖質制限ダイエットを成功に導くことができます。

サプリメントを利用することで、ケトン体を早期に作り出すだけでなく、体の酸化を防いでくれることが可能です。健康にダイエットを実現したいのであれば、酸化を防止することも大変重要です。

対策2:具体的なサプリメントは?

ケトン体を早期に作り出すのであれば、ケトン体の原料を摂取する必要があります。

ケトン体は脂肪からつくられますが、「ケト原生アミノ酸」からも造られます。

そこで有効なのがBCAAです。

ケトーシス移行中の糖新生による筋肉の異化(エネルギーに取り出される代謝過程)を防ぐことができますので、BCAAもケトーシス移行中には多めに摂取したほうがいいでしょう。

食間(空腹時)に5gくらいずつ摂取するようにすると良いです。

糖質制限ダイエット時は大量の脂肪を摂取しなければなりません。この点が本当に重要です。しかし、脂肪は酸化しやすく、生活習慣病などの原因になる可能性もあります。その為、脂肪の酸化を抑制する必要があります。

そのために有効な栄養素は、αリポ酸、フィッシュオイル、ビタミンE、ビタミンCの他にCoQ10などが必要です。

これらサプリメントの摂取方法は 

①αリポ酸:

朝食後と夕食後、併せて一日に300mg以上必要です。

ケトーシスになってからは、朝食後と夕食後、併せて一日に200mg以上でOK。

②フィッシュオイル:

フィッシュオイルのサプリメントを摂るようにすることで酸化を防ぎます。

一日にEPA+DHAとして2000mg以上を摂取するようにします。

③ビタミンE:

朝食後と夕食後、併せて一日に最低400IU。

④ビタミンC:

一日に3g。1回500mgを6回程度に分けて食後やプロテインと一緒にとると効果的です。

⑤CoQ10:

朝食後と夕食後、併せて一日に最低100mg。

できれば還元型の「ユビキノール」が望ましいです。

以上の点に気をつけてサプリメントを効率的に摂取していくことをお勧めいたします。


■注意事項:体調が優れない場合には、すぐにダイエット・食事制限を中止してください。専門の医師に相談してください。

■参考著書・資料:アスリートのための最新栄養学(上)、アスリートのための最新栄養学(下)、【世界中の研究結果から学ぶ】~博士のダイエット研究所~

■ 本コラムは医学的アドバイスではありません:当内容は、あくまでもダイエットに関する情報であり、ダイエットの方法や効果には個人差が必ずあります。健康に関する問題や懸念事項については医師に相談するようにして下さい。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
必ず痩せる!
ファディーオリジナルダイエットブックが今なら無料ダウンロード!
ダウンロードページはこちらから
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■