年齢とともに減少する成長ホルモンとそのリスク

年齢とともに減少する成長ホルモンとそのリスク

年齢とともに減少する成長ホルモン

成長ホルモン分泌量は加齢に伴い減少する

成長ホルモンと聞くと、多くの方が幼児期から成長期にかけて分泌されるとイメージしませんか?実際に成長ホルモンは、幼児期から成長期にかけて分泌され成長期を過ぎると急激に分泌量が減少します。成長著しい思春期の成長ホルモン分泌量に対して、30代から40代では実にその半分にまで減少します。さらに50代以上となると、3分の1にまで分泌量は減少すると言われています。そのため成人になってからは、成長ホルモン分泌を高める努力が必要になります。

大人の成長ホルモン不足によるリスク 

成人になると成長ホルモンの分泌は徐々に低下しはじめます。しかし、大人にとっても、実は成長ホルモンは大変重要な役割をになっています。具体的には代謝を促す役割や、細胞の修復などに成長ホルモンは不可欠なのです。さらには女性ならば、美肌、肥満を防止するための脂肪の分解、綺麗な髪の毛を保つための発育、病気への抵抗力、生活習慣病の予防など、美容と健康に成長ホルモンは大きな関わりがあります。

逆に成長ホルモンが不足することは、いわゆる「老化しやすい」状態になるということともいえます。当然、加齢とともに成長ホルモンが減っていくものですが、分泌量が少なくなることは、女性にとっては肌のハリ、髪の艶がなくなってくる、さらには体温の低下にって、冷えが悪化することにもつながります。さらには、成長ホルモンが減ると、筋肉量が徐々に減少して、結果として、代謝量も低下します。代謝の低下は、脂肪がたまりやすくなったり、肥満体質やメタボリックシンドロームのリスクを高めることになります。さらには様々な生活習慣病(動脈硬化、心筋梗塞、糖尿病など)のリスクも高めることになります。 

大人にとって成長ホルモン不足とは「老い」を促進することに

成長ホルモン不足は、一般的にはホルモン分泌をコントロールする脳の下垂体の疾患などによって起こりますが、それ以外にも、実は運動不足や日々の活動量不足、さらには睡眠不足もその分泌に大きな悪影響を与えると言われています。

加齢による身体の変化、つまり老いをできるだけ緩やかにする、予防する「エイジングケア」には、成長ホルモン分泌を促す対策が重要です。大人にっって、成長ホルモンの分泌を促すためには、運動と睡眠が誰しもができる対策と言えるでしょう。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
必ず痩せる!
ファディーオリジナルダイエットブックが今なら無料ダウンロード!
ダウンロードページはこちらから
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■