糖質制限でチートデイは取り入れるべき?方法やタイミングを解説!

  • 2021.05.24
糖質制限でチートデイは取り入れるべき?方法やタイミングを解説!

運営者情報と記事の信頼性

FURDI編集部

女性専用AIフィットネスジムを運営。
「正しく」「楽しく」「健康的に」がモットーです。
読者の方が理想とするカラダになれるよう科学的な根拠の基、信頼のある情報をわかりやすく発信しています。

    弊社ジムのインストラクター、栄養士を監修者としておいています。

↑クリックですぐにYouTubeチャンネルに移動できます!



【最先端フィットネスジム&インストラクター完全監修】
【食べても痩せる‼】糖質制限BOOK

(オリジナルPDF)
↑今なら無料ダウンロードできます!

「チートデイは取り入れるべき?」
「好きなだけ食べたいから、早くチートデイを取り入れたい」

ダイエットでは良く耳にする「チートデイ」は、

  • 停滞期を乗り越えるために必要
  • 好きなものを好きなだけ食べても良い日

と考える方もいるかもしれません。

しかし、チートデイは導入するタイミングを間違えるとかえって太ってしまったり、頑張ってきたダイエットを白紙に戻してしまったりする危険性もあるものです。どこで取り入れるのか、しっかり考える必要があります。

そこでこちらの記事では、糖質制限中のチートデイについて詳しく解説していきます。チートデイを取り入れるべきか迷っている方は、参考にしてみてください。

YouTubeでも糖質制限についての動画を投稿していますので、ぜひこちらも参考にしてみてください!

チートデイとは

チート(cheat)とは「だます」という意味です。チートデイとは、体をだますために取り入れるものです。

ダイエットを続けていると、体が慣れてしまい体重が減らなくなってきます。糖質制限も同様で、糖質を制限することに体が慣れ、代謝が落ちて痩せにくくなってきます。そこで、いったん糖質をたくさん摂る「チートデイ」を取り入れることで、体を再びダイエットモードにしようとするものです。

チートデイを導入するタイミングは、体温が落ちてきたときです。体温が落ちている=代謝が落ちているということなので、そのタイミングでチートデイを取り入れましょう。毎日体温を測り、体温が0.3~0.5℃程度下がっていれば代謝が落ちているサインと考えてください。

チートデイは必ず取り入れなければならないものではありません。しかし、体重が減らなくなって「糖質制限をやめてしまおう」と考えるなら、チートデイを取り入れてみるのがおすすめです。

チートデイの2つの効果と方法

チートデイには2つの効果があります。

  • 代謝をアップする
  • ストレスを軽減する

それぞれの特徴を詳しく解説していきます。

代謝をアップする

糖質制限を行っていると、糖質が少ない食事に体が慣れてきて代謝が落ちることがあります。もし、普段よりも体温が0.3~05℃下がっていれば、代謝が落ちていると考えましょう。

そこで、チートデイを取り入れて糖質を一時的にたくさん摂取することで、代謝を再びアップさせることが可能です。

代謝をアップさせることが目的なので、何でも食べて良いチートデイではなく、ダイエットの延長として取り入れることが大切です。

チートデイのやり方は、たんぱく質の量を維持しながら糖質を増やすことです。糖質制限では、1日の糖質量を70~130gに抑えますが、チートデイでは体重1kgあたり6倍グラムを目安に摂取してみてください。体重50kgの人なら300gの糖質を摂取してみましょう。

ストレスを軽減する

糖質制限を続けるのが辛いと感じる場合、チートデイを取り入れることでストレスを軽減できます。1日だけ何を食べても良い日を作り、満足いくまで食べてストレスを解消しましょう。

この場合、特別なルールはありません。ただし取り入れるのは1日だけです。明日からはまた糖質制限を行っていきましょう。

チートデイの注意点

チートデイは1日だけ取り入れるようにしてください。

糖質制限は、糖質をエネルギーにする体から脂質をエネルギーにする体に変えます。

チートデイを頻繁に取り入れてしまうと、せっかく脂肪を燃やす体に変わってきたのに、再び糖質をエネルギーとする体に戻ってしまいます。

  • チートデイは1日だけにする
  • 頻繁に行わない

この2つを守って取り入れるようにしてください。

糖質制限で体重がなかなか減らない3つの理由

体重が減らなくなって来たからと言っても、すぐにチートデイを取り入れないほうが良い場合があります。体重が減らない理由が他にあるかもしれないからです。

糖質制限で体重が減らないときに考えられる理由を紹介していきます。

1.カロリーオーバーしている

「糖質制限をしっかり行っているのに痩せない」という場合、摂取カロリーにも注目してみてください。糖質を抑えればいくら食べても大丈夫と考えて必要以上に食べているなら、カロリーオーバーの可能性があります。

糖質量を減らしたとしても、1日に必要なカロリー以上に食べれば太ります。糖質量は守っているのに痩せないという方は、1日のカロリーもチェックしてみてください。

2.糖質を摂りすぎている

意外なところで糖質を摂りすぎていて、糖質制限ができていない場合があります。穀類や甘いものは糖質が多いという知識を持っている方は多いでしょう。しかし、それ以外にも、意外と糖質が多い食べ物があります。

例えば、

  • 根菜類
  • 果物
  • 牛乳
  • 調味料

など。根菜類や果物、牛乳は糖質が多いので「健康のため」とたくさん食べているなら、糖質量がオーバーしている可能性があります。また、調味料にも意外と糖質が多く含まれているものがあります。

例えば、

  • みりん
  • 焼き肉のたれ

など。特に市販のものは糖質が高いので、調理の際には自分で味付けしたり、塩・こしょうなどのなるべくシンプルなもので味付けしたりするなど工夫をして糖質を抑えましょう。

詳しくは「ケトジェニック(糖質制限)中は調味料にも気を付けよう!」でも解説していますので参考にしてみてください。

3.運動不足

食事だけで痩せようと考える方が多いかもしれません。しかし、健康的に美しく痩せるためには運動もしっかり行うことが大切です。

運動をすることにより、

  • 筋肉が増えて基礎代謝がアップし、痩せやすくなる
  • 便秘やストレスを解消する
  • 良質な睡眠がとれる

など、メリットはたくさんあります。

どのように運動をしたら良いのかわからない、サポートしてもらいたいという方は、AIを取り入れてあなただけの運動メニューを提案するファディーの無料体験をお試しください。

チートデイについては「ケトジェニックダイエット中は「チートデイ」を上手に取り入れよう」でも紹介していますので、参考にしてみてください。

まとめ

糖質制限を始めて順調に体重が落ちていたのに、最近停滞期になってしまったという方は、チートデイを取り入れると良いかもしれません。チートデイで一時的に糖質量を増やして、体温を上げたり、ストレス解消したりしてみてください。

しかし、チートデイは頻繁に取り入れてはいけません。特に、痩せない理由が他にある場合にはその原因を改善するようにしてみてください。ダイエットには食事だけではなく、運動も必要です。どのようなトレーニングを行ったら良いのか悩む方は、ぜひファディーの無料体験をお試しください!



運営者情報

FURDI編集部

女性専用AIフィットネスジムを運営。
「正しく」「楽しく」「健康的に」がモットーです。
読者の方が理想とするカラダになれるよう科学的な根拠の基、信頼のある情報をわかりやすく発信しています。

    弊社ジムのインストラクター、栄養士を監修者としておいています。

  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
  • YouTube