納豆に含まれる糖質や栄養素を徹底解説!体に良い成分を取り入れよう

  • 2021.08.30
納豆に含まれる糖質や栄養素を徹底解説!体に良い成分を取り入れよう
⇒YouTube公式チャンネル【正しく楽しく健康的に糖質制限・ケトジェニック!】

【最先端フィットネスジム&インストラクター完全監修】
【食べても痩せる‼】糖質制限BOOK
 (オリジナルPDF)
↑今なら無料ダウンロードできます!

納豆は体に良いイメージがありますが、糖質制限中に納豆を食べてもよいのか気になる方もいるのではないでしょうか。また、どのように体によいのかも気になりますよね。

そこで、こちらの記事では納豆に含まれる糖質や栄養素について詳しく解説していきます。
YouTubeでも糖質制限についての動画を投稿していますので、ぜひこちらも参考にしてみてください!

納豆に含まれる糖質量

納豆に含まれる糖質量やその他の主な栄養素は、

糸引き納豆50g

  • 糖質量・・・2.7g
  • たんぱく質・・・8.3g
  • 脂質・・・5g
  • カロリー・・・100Kcal

(市販の納豆は1パック40~50g程度)

です。原料が大豆なのでたんぱく質が多く、糖質はそれほど多くありません。糖質制限では、糖質量を抑えること、そしてたんぱく質をたくさん摂取することが大切です。

納豆は、糖質制限に向いている食材といえます。ただし、納豆のタレには糖質が多く含まれているため注意が必要です。

以下は、ある納豆の栄養表示です。

納豆・たれを入れると、炭水化物が4.8→6.1gにアップします。納豆のタレは甘みがあるので糖質量が多めです。なるべく市販のタレではなく醤油を使うのがおすすめです。

納豆に含まれる栄養素

納豆は、体に良い栄養がたくさん含まれています。こちらでは、納豆に含まれる栄養成分を1つずつ詳しく解説していきます。

ナットウキナーゼ:血液をサラサラにする

ナットウキナーゼは、納豆菌がつくりだす酵素です。血栓を溶かして血液をサラサラにするはたらきがあり、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などを予防すると言われています。

結構を良くするので、冷え性、肩こり、高血圧にお悩みの方にもおすすめです。

さらに、納豆菌には強力な殺菌作用や抗酸化作用があり、ナットウキナーゼにも抗ガン効果が期待されています。

イソフラボン:女性ホルモンの不足に

納豆などの大豆製品にはイソフラボン豊富です。イソフラボンは体内に入ると、エストロゲンに似た働きをします。そのため、エストロゲンの減少によって起こる女性の更年期の不快症状を緩和するといわれています。

さらに、骨粗鬆症にも有効です。骨粗鬆症も女性ホルモンの分泌低下によって起こるためです。女性ホルモンは、骨の代謝に深く関わっています。不足すると代謝がスムーズに進まず、骨からカルシウムが溶けだしてしまうのです。

イソフラボンはエストロゲンのように働きホルモン不足を補って、カルシウムの流出を防ぎます。

骨粗鬆症を防ぐためには、大豆製品が有効です。豆腐なら半丁、納豆なら1パックを毎日の食卓に取り入れるのがおすすめです。

ポリアミン:動脈効果を抑制

納豆に含まれるポリアミンは、サプリメントとして利用されるファイトケミカルのひとつです。

ポリアミンはアミノ酸の一種であるアルギニンから合成されます。摂取することで動脈硬化を抑制すると言われています。加齢とともに増える老化物質は、血管内の炎症を引き起こして動脈硬化を促進させますが、ポリアミンはそれを抑制します。

動脈効果予防のために、ポリアミンを含む納豆を食事に取り入れてみてください。

レシチン:記憶力や集中力を高める

レシチンは、大豆や卵黄、ピーナッツ、酵母などに含まれています。リン脂質の一種で、生体膜や脳、神経組織の構成成分として重要な働きをしています。

レシチンは血液壁にこびりついたコレステロールを溶かして肝臓に運び、排出を促します。そのため、動脈硬化を防ぐのに効果的です。

また、脳細胞や神経細胞を活性化して、記憶力や集中力を高める効果が期待でき、認知症にも有効といわれています。

大豆サポニン:免疫力を高める

大豆サポニンは、強い抗酸化作用を持っていて、脂質の酸化を防いで代謝を促進します。血中のコレステロール値や中性脂肪値を下げるので、動脈効果、脂質異常症、高血圧などの予防、肝機能障害の改善にも効果を発揮します。

さらに、免疫機能を高める細胞の活性化にも働きかけるため、ウイルスや細菌から体を守り風邪予防にも効果的です。

5-ALA(5-アミノレブリン酸):代謝を改善する

5-ALAはアミノ酸の一種です。細胞の中で作り出されるもので、摂取するとミトコンドリアの機能が活性化するとされています。ALAは、加齢に伴って低下する代謝を改善して、運動量の増進をサポートすることが報告されています。

さらに、血糖値の改善にも効果的とのことです。血糖値が上がりやすい人には改善効果が期待されています。

まとめ

納豆は糖質量が多くないので、糖質制限中にもおすすめの食べ物です。たんぱく質や脂質もバランスよく含まれていてとても優秀な食材です。

さらに、血液をサラサラにしたり、更年期の不快な症状を緩和させたり、骨粗鬆症を防いだりする効果も期待できます。日々の食事に積極的に取り入れてみてください。

■■参考書籍■■
食品別糖質量ハンドブック
これは効く!食べて治す栄養成分時点
栄養学の基本がまるごとわかる事典


  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
  • YouTube