【成功の秘訣】糖質制限ダイエットのリバウンドを防ぐ方法を徹底解説!

  • 2021.05.31
【成功の秘訣】糖質制限ダイエットのリバウンドを防ぐ方法を徹底解説!

「糖質制限を終えたたらリバウンドするという声を聞いた」
「糖質制限後に元の生活に戻したらリバウンドしてしまうのでは?」

このような疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。

頑張って糖質制限を行い、ダイエットを成功させたのにリバウンドしてしまうと悲しいですよね。糖質制限でリバウンドしてしまう人には、必ず理由があります。

こちらの記事では、糖質制限ダイエットでリバウンドしてしまう理由やリバウンドしないコツについて詳しく解説していきます。

スリムな体を手に入れたら維持して行きたいですよね。この記事を参考にリバウンド知らずの体を作っていきましょう!

糖質制限ダイエットでリバウンドする2つの理由

糖質制限ダイエットは、リバウンドするという声も聞きます。リバウンドしてしまうのには理由があります。こちらでは、糖質制限ダイエットでリバウンドする2つの理由について解説します。

理由が分かれば、事前に対処できますので参考にしてみてください。

1.すぐに元の生活に戻すから

糖質制限をしっかり行えば減量効果が期待できます。

目標体重になったかと言って元の生活に戻す。特に痩せたからと安心して、カロリーを大幅に摂取するとリバウンドの原因になります。これは、減量を目的に糖質制限を行っていると起こります。

糖質オフは健康や美容のための食生活スタイルなので、続ける、もしくはあなたご自身の活動代謝の範囲内でカロリーをしっかりとコントロールすることが理想です。

  • 糖質過多の食生活を改める
  • タンパク質や脂質、ビタミンなどの栄養をしっかり摂る

などは、目標体重になったとしても続けて行きましょう。

2.筋肉が減ってしまったから

糖質制限食は、糖質を減らす代わりにたんぱく質や脂質をしっかり摂ることが大切です。しかし、糖質を控えることばかりに注目していると、栄養が偏ります。

また、糖質制限なのにカロリーをかなり制限すると、体が飢餓状態になります。少ないエネルギーでも体を動かせるよう、筋肉を分解してエネルギーに換えようとしてしまいます。

糖質制限の良いところは、たんぱく質をしっかり摂るので筋肉量が減りにくいことです。たんぱく質量まで減らしてしまわないように気をつけましょう。適度に運動を取り入れることも、リバウンド予防には効果的です。

糖質制限ダイエットを行う前の食生活に戻すのではなく、美容や健康のためにできれば糖質を控えめにする生活を続けるのがおすすめです。

糖質制限終了後にリバウンドしない4つのコツ

糖質制限はそもそもリバウンドしにくい方法です。たんぱく質をしっかり摂取するため、基礎代謝が落ちにくいからです。しかし、なかにはリバウンドしてしまう人もいます。

そこで、こちらでは糖質制限で目標体重になった後、リバウンドしないようにするコツを4つ紹介します。リバウンドしないためのコツを知りたい方は参考にしてみてください。

1.適度に筋トレをする

糖質制限中から適度に筋トレなどの運動を行っておくとリバウンドしにくくなります。

糖質制限はたんぱく質をしっかり摂るので、筋肉量が減りにくい特徴があります。適度に筋トレをして脂肪を燃やしやすい体に仕上げておけば、多少糖質を増やしたとしても急激に体重が増えてしまう心配はありません。

健康的に美しくダイエットするためには、運動が必須です。糖質制限中も、目標体重に達成したあとも、適度に運動を行っていきましょう。

2.カロリーオーバーしないように気をつける

糖質を増やせばカロリーも増えます。1日に必要なカロリーをオーバーすると太ります。

1日に必要なカロリーは年齢や運動量により異なります。厚生労働省が定める1日のカロリー目安量は以下のとおりです。

男性女性
身体活動レベル
18~29歳2,3002,6503,0501,6501,9502,200
30~49歳2,3002,6503,0501,7502,0002,300
50~69歳2,1002,4502,8001,6501,9002,200
70歳以上1,8502,2002,5001,5001,7502,000

参考:厚生労働省 推定エネルギー必要量(kcal/日)

身体活動レベル

  • Ⅰ:低い・・・1日の大半が座り仕事や静かな活動が中心の場合
  • Ⅱ:ふつう・・座り仕事中心だが、職場内での立ち作業や接客、通勤、買い物、家事、軽いスポーツなどをする場合
  • Ⅲ:高い・・・移動や立ち作業が多い仕事や、スポーツなど活発な運動習慣がある場合

糖質制限が終了したとしても、カロリーの摂り過ぎには気をつけましょう。

3.糖質を少しずつ摂る

糖質制限が終了したからといって、一気に糖質を摂らないようにしましょう。せっかく体脂肪を燃やしやすい体に変化したのに、すぐ糖質制限前の体に戻ってしまう可能性があるからです。

なるべく緩やかに糖質量を戻すようにしてみてください。
例えば、

  1. 1日3食のうち1食の量を元に戻してみる(夜は控えるのが理想です)
  2. 3食のうち2食を元に戻してみる
  3. 3食を元に戻してみる

段階的に1ヶ月くらいかけて戻してみてください。

ただし、3食きっちり必ず糖質を摂らなければいけないというわけではありません。糖質過多になりやすい人は、夕食は糖質を控えるなどの生活は続けてみるのがおすすめです。

5.食事を減らさない

糖質制限中に、糖質だけでなく食事量そのものを減らしてしまわないように気をつけましょう。食事量を減らすとカロリーも減ります。体に必要なエネルギーが摂取できていないと、体は筋肉を分解してエネルギーを得ようとします。

筋肉量が減ってしまうため、糖質制限を終えて元の食生活に戻すと、ダイエット前よりも太ってしまう可能性が高まります。

食事量を減らせば一時的に体重が減るかもしれません。しかし今後「リバウンド」となって戻ってくるので、基礎代謝分の食事はしっかり摂るようにしましょう。

まとめ

糖質制限を終えてリバウンドするケースは、何かしらの原因があります。順調に減らした体重が元に戻ってしまうとショックが大きいですよね。糖質制限を行っているうちから、リバウンドしない体作りを行っていくことが大切です。

糖質制限は健康や美容のために、ゆるく続けていくのがおすすめです。適度に運動を取り入れて、健康的で美しい体を手に入れましょう。


必ず痩せる♪
ファディーオリジナルダイエットブックが今なら無料ダウンロード!
ダウンロードページはこちらから


  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
  • YouTube