ダイエットには水分摂取が重要!おすすめの飲み方や水の種類を紹介

  • 2021.12.08
ダイエットには水分摂取が重要!おすすめの飲み方や水の種類を紹介

運営者情報と記事の信頼性

FURDI編集部

女性専用AIフィットネスジムを運営。
「正しく」「楽しく」「健康的に」がモットーです。
読者の方が理想とするカラダになれるよう科学的な根拠の基、信頼のある情報をわかりやすく発信しています。

    弊社ジムのインストラクター、栄養士を監修者としておいています。

【トレーナー・栄養士監修】

\女性のための美ダイエットチャンネル/



【最先端フィットネスジム&インストラクター完全監修】
【食べても痩せる‼】糖質制限BOOK

(オリジナルPDF)
↑今なら無料ダウンロードできます!

▼こちらも要チェックです!
【専属トレーナー・栄養士監修】糖質オフにおすすめの食品18選!


水を飲むとダイエットに良いと聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。水は私たちの体にとって、とても大切なものです。

しかし「ダイエットしたいから」といってむやみに水を飲んでも痩せるわけではありません。なぜ水がダイエットに良いのか、理由を知っておくことが大切です。

そこで、この記事では、水を飲むのがダイエットに良い理由や、痩せる水の飲み方などについて詳しく解説していきます。ぜひダイエットに役立ててみてください。

水を飲むのがダイエットに良いといわれる理由

まずは、水を飲むとなぜダイエットによいと言われるのか、チェックしてみましょう。主に3つの理由について解説していきます。

  • 代謝がよくなる
  • 食べ過ぎを予防できる
  • 便秘解消につながる

ぜひ参考にしてみてください。

1.代謝がよくなる

水を飲むと、体の代謝をスムーズにします。

体内にある栄養を運んだり、老廃物を排出したりするのは血液です。しかし、血液の多くを占める血漿(けっしょう)は、水分が約9割。

そのため、水分が不足すると血の巡りが悪くなり、代謝がスムーズに行われなくなります。代謝が悪くなると、汗をかきにくくなり、体内に老廃物が溜まります。ダイエットにはマイナスです。

そのため、水分を適切に摂ることで代謝を促し、ダイエットにつながるということです。

2.食べ過ぎを予防できる

食事のときに水を一緒に飲むと、食べるペースを抑えられます。ゆっくり食事を摂ることで、満腹感を得やすくなり自然と食べる量を減らせます。

そのため、食事時は水分を摂りながら食べるのがおすすめです。また、お腹が空いてドカ食いしそうなときは、食事前にコップ1杯の水を飲んでおくと食べ過ぎを予防できるでしょう。

3.便秘解消につながる

水分を適度に摂ることは、便秘解消に繋がります。水を飲むことで、腸が刺激されるためです。また、水分が少なくなると、便が硬くなるため便秘になりがちです。

水分をしっかり摂ることでと便を柔らかくしてくれるので、便秘解消につながります。

ダイエットに良い水の飲み方

水がダイエットに良いとわかっていても、どうやって摂取すれば良いか悩んでしまいますよね。そこで、こちらではダイエットに繋がる水の飲み方を3つ紹介します。

  • お腹が空いたら水を飲む
  • 朝起きたら1杯の水を飲む
  • こまめに飲む

ぜひ実践してみてください。

1.お腹が空いたら水を飲む

空腹を感じたら、まず水を飲むのがおすすめです。本当の空腹ではない場合、水を飲むだけで落ち着くことがあります。

お腹に何か入れば満たされた気持ちになるので、まず水を飲むようにしてみてください。

2.朝起きたら1杯の水を飲む

朝起きたら、まず1杯の水を飲む習慣をつけるとよいでしょう。寝起きに水を飲むと腸が刺激されて便秘の解消に繋がります。

また、睡眠中に失われた水分を補給できる上、眠気がしっかり覚めます。冷たい水は体を急激に冷やしてしまうので、できれば人肌に冷ました白湯を飲むのがおすすめです。

3.こまめに飲む

水をこまめに飲むのが、水分をしっかり摂るコツです。体内の保水量は一定に保たれているので、一気にたくさん飲んでも排出されてしまいます。

効率よく体内に吸収されるよう、コップ1杯程度の水をこまめに飲むのがおすすめです。朝起きてから、毎食時、運動の前後など、水を飲む習慣をつけるとよいでしょう。

ダイエット中に飲むのにおすすめの水

基本的に、どんな水でもOKですが、ダイエットに良い種類をチェックしておきましょう。

  • 軟水
  • 硬水
  • 水道水

に分けて、解説していきます。

1.軟水

日本で売られているミネラルウォーターの多くが、軟水です。飲みやすいので、通常の水分補給に適しています。

軟水と硬水の違いは、硬度です。硬度は水に含まれるカルシウムやマグネシウムの量で決まります。

  • 1L 中の硬度が100mg未満・・・軟水
  • 1L中の硬度が100mg以上・・・硬水

ちなみに、日本の水道水も軟水です。軟水が飲みやすい理由に納得できますね。

2.硬水

硬水はミネラル量が多いのが特徴です。便秘気味の人は、硬水を飲むと改善されることがあります。

日本で販売されている主な硬水は、以下のとおりです。

  • エビアン
  • クールマイヨール
  • コントレックス
  • ゲロルシュタイナー(炭酸水)
  • サンペレグリノ(炭酸水)

など。日本の水と少し味が違うので、違和感を覚える人もいるでしょう。また、胃腸が弱い人はお腹がゆるくなることがあるので、飲み過ぎには注意が必要です。

3.水道水

水道水でも問題ありません。特に、日本の水道水は水質基準項目をクリアしているので、安全に飲めます。なるべくお金をかけずにダイエットしたい人にはぴったりです。

ただし、水道水の味が気になる場合は浄水器を取り付けたり、浄水ポットに水を入れて飲んだりするのがおすすめです。

まとめ

水を飲むと、体にさまざまな良い作用がはたらき、ダイエットに繋がります。特にダイエット中は、食べる量を減らすと食べ物からの水分量が減ります。普段よりも水分が不足しがちなので、意識して水を飲むようにしましょう。

水には軟水・硬水があります。硬水はややクセがあるので、飲んだことがない人は、まず1本購入して飲んでみてください。味や体調に問題がないようなら、ダイエットに取り入れていくとよいでしょう。

水にもバリエーションがあると、ダイエットも楽しくなりますね。



運営者情報

FURDI編集部

女性専用AIフィットネスジムを運営。
「正しく」「楽しく」「健康的に」がモットーです。
読者の方が理想とするカラダになれるよう科学的な根拠の基、信頼のある情報をわかりやすく発信しています。

    弊社ジムのインストラクター、栄養士を監修者としておいています。

  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
  • YouTube