ジムの相場はいくら?種類や選び方についても詳しく解説 - 女性専用パーソナルフィットネスジム ファディー FÜRDI
ジム
ジムの相場はいくら?種類や選び方についても詳しく解説
ジムで指導を受ける女性
2021年12月20日

運動不足解消などの理由から、ジムに通うことを考えた時、以下のような悩みを抱えたことはありませんか?

「ジムっていくらくらいで通えるんだろう?」
「値段によってサービスの質は変わるのかな?」
「どのような基準で選べばいいのかな?」

確かにジムには、公営ジムや会員制ジムなどさまざまな種類があって、どのようにして選んだらよいかわからなくなりますよね。

ジムの値段や選び方を知らないまま契約してしまうと、想像とは違うサービスと料金請求を受けてしまい、せっかくのジム通いが続かなくなる恐れがあります。

この記事では、ジムの種類や選び方、月額料金の相場について解説しています。特にジム選びに迷っている方は必見です。

最後まで読むと、あなたに合ったジムが選べるようになります。ぜひ参考にしてみてください!

この記事の特別監修者 – トレーナー

渡邉 輝

渡邉 輝

フィットネス・食事に関する正しい知識を多くの人に届けるために、実体験や独学で習得した科学的根拠のある情報を発信する理系フィットネスライター。
ベンチプレスなどの重さを競う「パワーリフティング」の現役選手としても活躍中。

保有資格
・NSCA-CPT
・筋トレインストラクター



少し運動したり、軽い食事制限をしていればスタイルをキープできていた20代と違って
女性は年齢を重ねると、さまざまな要因から痩せにくい身体へと変化していきます。

美しさを保つために、日々たくさんの努力をされているかと思いますが仕事に家事に育児に・・・とにかく時間がない!という方も多いはず。
パーソナルトレーニングジムなら、
限られた時間のなかで効率的にあなたの理想に近づくことができます。

「気になる身体の部位を絞りたい」「スタイルをキープをしたい」「運動をして心も身体も若々しくきれいでいたい」という方、大歓迎です!

女性専用パーソナルトレーニングジムのFURDI(ファディー)は、あなたの身体に合わせて最適なトレーニングプログラムを準備しています。1回、10分~30分程度だから、隙間時間で通いやすい!限られた時間のなかで賢く効率的に、あなたの理想を叶えましょう!

女性専用パーソナルトレーニングFURDIの紹介

ジムごとの値段をタイプ別に比較!

ジムで指導する女性

ジムの相場は地域によっても異なります。東京都内のスポーツジムの相場をみてみましょう。

スポーツジムの種類 料金相場(月額)
公営ジム 100円~800円(1回)
24時間ジム 30,000円~100,000円
会員制スポーツジム 5,000円~10,000円
パーソナルトレーニングジム 30,000円~100,000円
ビジター(ドロップイン) 1,000円~3,000円(1回)

公営ジムはトレーナーがつかず、器具を使うだけなので安い料金で利用可能です。24時間ジムや会員制スポーツジムは、トレーナーが常駐していたり、器具が充実していたりするので、月額数千円の費用がかかります。

普段は家や外でトレーニングをしている方がジムでトレーニングしたい場合は、1日のみ利用できる「ビジター」を使うのも1つの手です。

パーソナルトレーニングジムは、トレーナーによるマンツーマン指導です。個室で行うことが多く、トレーナーの人件費や設備費などが加算されるため、月額料金は高くなります。

利用料金は、プランによっても異なります。ジムによって提供するプランはさまざまです。

  • コース料金まとめ払い・・・短期集中ジムに多い。2ヶ月コースなど
  • 月額料金・・・毎月更新して通い続ける
  • 都度払い・・・会員にならなくても、1回ごとに料金を払えば利用できる
  • チケット制・・5回分・10回分などチケットをまとめて購入し、好きなタイミングで使う

ご自身の通いやすいペースで、最適なプランを選ぶことが大切です。

また、会員制スポーツジムやパーソナルトレーニングジムは、数千円の入会金がかかることがほとんどなので、費用の計算にあらかじめ入れておきましょう。

ジムの値段は高い?払うのはもったいない?

悩む女性

ジムの値段は施設にもよりますが、初心者の方が最初に通うことが多い「24時間ジム・会員制スポーツジム」の場合、月額数千円の料金が発生します。

「ジムの値段は高い!払うのがもったいない!」と感じる方の多くは、以下のような特徴があります。

  • 週1~2回しか行っていない
  • 筋トレの効果が表れていない

運動が習慣化しなかったり、仕事や育児で忙しくなったりして、ジムに通う頻度が週1~2回になっている方は、ジム1回あたりの利用金額が、公営ジムよりも高くなっている場合があります。

運動を始めてから1ヵ月前後しか経過していなかったり、誤った筋トレをしていたりする方は、筋トレや運動の効果をなかなか実感できません。そのため、「意味のないものにお金を払っている感覚」になります。

逆に週3回前後ジムに通う予定のある方や、ジムにあるマシンでトレーニングをしたい方には非常によい環境になっています。

あなたのライフスタイルや目標に合ったジムを選択しましょう。

スポーツジムの種類と特徴

ジムに通う女性

ジムの種類は大きく分けると以下4つです。

  • 公営ジム
  • 会員制スポーツジム
  • 24時間ジム
  • パーソナルトレーニングジム

それぞれの種類と特徴をチェックしてみましょう!

公営ジム

公営ジムは市や区の自治体が管理しています。ストレッチエリアやマシンがあり、会員制のパーソナルジムに比べると種類は少ないですが、料金が安く自分の好きなタイミングで通えます。

ただトレーナーはいないため、運動に関するアドバイスをもらうことはできません。また、「成果がなかなか出ない」「モチベーションの維持が難しい」などのデメリットもあります。

会員制スポーツジム

会員制スポーツジムは、プールやスタジオが完備されている店舗が多くあります。トレーナーも常駐しているため、マシンの使い方やトレーニング方法に関するアドバイスをもらえます。

フリープランを選べば、好きなときに何度も通えるのでお得です。しかし、時間帯によっては混雑していて、自分の希望するメニューがこなせない可能性があります。会員数も多いので、トレーニング姿を人に見られたくない人にとってはやや通いにくいと感じることがあるでしょう。

24時間ジム

24時間ジムは、24時間365日いつでも利用できるため、仕事や家事の都合で日中にトレーニングできない方や、時間を気にせずジムに行きたい方に向いています。

営業時間が決められていないため、利用時間が分散して混雑する時間帯が少ないのも特徴です。施設によっては、月額4,000円前後で通えるところもあり、低コストでジムに通えます。

ただ、トレーナーが常駐していなかったり、スタッフが不在の時間帯は、運動初心者にとってトレーニングしづらい環境になる可能性があるため、入会する前に1度見学・体験をしておきましょう。

パーソナルトレーニングジム

パーソナルトレーニングジムは専属のトレーナーがつき、あなたに合ったプログラムを作成してくれます。目標やレベルに合わせてメニューを組んでもらえるので、短期間で効果を得たい方におすすめです。

完全個室や女性専用などのジムを選べば、周囲の目を気にせず通えるでしょう。ただし、会員制ジムに比べると料金が高くなる傾向にあります。自分に合うパーソナルトレーニングジムを選ぶことが大切です。

ジムを選ぶときのポイント

ジム店内

ジムの選び方は料金だけではありません。選び方の基準を5つ紹介します。

  1. 近さ・通いやすさ
  2. 見学や体験の内容
  3. パーソナルトレーナーの有無
  4. 必要な設備が整っている
  5. キャンペーン内容

あなたに合うジムを選ぶ際の参考にしてみてください!

1.近さ・通いやすさ

できるだけ通いやすいジムを選びましょう。ジムは継続して通わなければ、効果があらわれません。しかし、通うのが大変だと、だんだんジムに行くのが面倒になってしまいます。

職場の近くのジムを選び「仕事帰りに必ず寄る」と決めるのも良いでしょう。まずは継続して通える場所にあるかどうかで選んでみましょう。

2.見学や体験の内容

多くのジムは見学や体験ができるようになっています。実際にジムに行ってみて、以下の基準で継続して通えるかどうか判断してみましょう。

  • 清潔度
  • 設備の充実度
  • 通っている人の雰囲気
  • スタッフの接客態度

1つのジムだけ見学しても比較できないので、何箇所か見学してみるのがおすすめです。

3.パーソナルトレーナーの有無

パーソナルトレーニングジムでは当たり前ですが、会員制のスポーツジムでもパーソナルトレーナーがつくことがあります。特に、本気で頑張りたい方や運動が苦手な方は、トレーナーがついたほうがやる気もアップするでしょう。

パーソナルトレーナーとの相性もあるので、体験利用の際にジムのスタッフにどんな人がいるのかチェックしておくのがおすすめです。

4.必要な設備が整っている

ジムに通うなら、できるだけ設備が充実しているところを選びたいと思いますよね。ジムによってマシンやストレッチエリアの特徴が異なるので、自分が求める設備・環境が整っているかを重視しましょう(職場近くの場合、シャワールームなど)。

多少料金が高くなったとしても、求める設備が整っているジムを選ぶことが継続するためには大切です。

ジムの相場はいくら?種類や選び方についても詳しく解説
ジムの相場はいくら?種類や選び方についても詳しく解説
目次 1. ジムごとの値段をタイプ別に比較!2. ジムの値段は高い?払うのはもったいない?3. スポーツジムの種類と特徴・ 公営ジム・ 会員制スポーツジム・ 2.....

5.キャンペーン内容

施設の知名度を上げたり、入会希望者を増やしたりするために多くのジムは、以下のようなキャンペーンを行っています。

  • 入会金無料
  • 最初の〇ヶ月の料金無料
  • 無料体験モニター募集

数千円かかる入会金や月額料金が0円になることが多く、総額数万円の割引をしている場合もあるので、ジムを選ぶポイントとして非常に重要です。

施設の実績として掲載するかわりに、パーソナルトレーニングや食事指導を無料で提供するモニター募集もあるので、気になる方は1度インターネットなどで調べてみましょう。

ジムを選ぶときの注意点

注意する女性

24時間ジム、会員制スポーツジム、パーソナルトレーニングジムなど数多くのジムから選ぶ際には、以下の2点を注意する必要があります。

  • 継続できるかどうか確認する
  • サービス内容を契約前に確認する

ジム選びを間違えないためにも、しっかり確認しておきましょう!

継続できるかどうか確認する

ジム通いは1ヵ月で終わるものではなく、健康や理想の体型を目指すために通うところです。そのため、半年・1年と継続できるようなジムを選ぶことが重要です。

マシン環境は整っているか、パーソナルトレーナーは常駐しているか、料金プランは妥当なのかなど、あなたが求めている条件のジムを見つけることで、ジム通いが継続しやすくなります。

継続できるかを判断基準において、ジム選びをするようにしましょう。

サービス内容を契約前に確認する

ジム契約時には必ずスタッフと契約事項の確認を行いますので、聞いておきたいことや疑問に思ったことはその場で質問するようにしましょう。

特に入会・割引キャンペーンを利用した契約の場合、契約期間内に退会・解約をしてしまうと、割引した分の料金が請求される可能性があります。

また、来月退会したいとスタッフに伝えても、「○日までに退会通知を出さないと、来月分も請求される」などの規則があることが多いので、あらかじめ把握しておくようにしましょう。

初めて通う方におすすめのジム5選

初めてジムに通う方は、ジムの種類もまったくわからないことが多く、どこから調べればよいかわからなくなりますよね。

ここでは、初めて通う方におすすめのジムを5つ紹介します。

  • GOLD’S GYM(ゴールドジム)
  • ANYTIME FITNESS(エニタイムフィットネス)
  • FURDI(ファディー)
  • セントラルスポーツ
  • chocoZAP(チョコザップ)

まずは、これらのジムから検討してみましょう!

【海外展開している大型ジム】GOLD’S GYM(ゴールドジム)

GOLD’S GYM(ゴールドジム)は、アメリカ発のフィットネスクラブで、世界全体で700ヵ所以上の施設を持つ大手フィットネスクラブです。

マシンやフリーウェイトが充実しているのはもちろん、脂肪燃焼やスタミナアップを目的とした有酸素エリアや、女性専用のトレーニングエリアを完備しています。さらに、専属インストラクターにによるスタジオエクササイズもあり、初心者でも気軽に参加できます。

施設によってはプールやサウナもついているため、気分転換にも最適です。

【国内最大級24時間ジム】ANYTIME FITNESS(エニタイムフィットネス)

ANYTIME FITNESS(エニタイムフィットネス)は、アメリカ発のフィットネスクラブで日本国内にも1,000店舗以上あります。月額料金を払うだけで全世界の施設を利用できるため、旅行先や出張先でもトレーニングが可能です。

マシンやフリーウェイトが充実していて、さまざまな地域に店舗があることから、初心者でも気軽に通えるフィットネスジムと言えるでしょう。

入会金や施設に入るためのセキュリティキー発行料金が無料になるキャンペーンを開催していることが多く、タイミングによっては月額料金だけで入会できます。

【女性の最高を叶える】FURDI(ファディー)

FURDI(ファディー)は、女性専用のパーソナルトレーニングジムです。

日本初のAI(人工知能)を搭載したマシンを搭載していたり、専属パーソナルトレーナーが一人ひとりに合ったトレーニングプログラム組んだりすることで、以下のような女性特有の悩みを解決してくれます。

  • 体重を減らして、体を引き締めたい
  • 肩こりや腰痛などの不調を治したい
  • 骨や筋肉を丈夫にして、健康な体を作りたい
  • 肌を内側からキレイにしたい

料金も月額7,678円からとパーソナルジムの中ではかなり安く、運動初心者の方でも気軽に通えます。

【学生必見プランあり】セントラルスポーツ

セントラルスポーツは、1964年の東京オリンピック出場者が創立した日本発のフィットネスジムです。

100種類以上のレッスンプログラムや、トレーナーによる初心者向けの「はじめてサポート」も実施しているため、初心者でも気軽に楽しく運動できます。

セントラルスポーツでは、26歳未満の中学生、高校生、大学生、専門学生を対象としたスチューデント会員プラン(学生プラン)を設けており、学生は通常よりも割安で運動ができます。

【手軽に通いたい人向け】chocoZAP(チョコザップ)

chocoZAP(チョコザップ)は、テレビCMでお馴染のライザップが作ったコンビニジムです。24時間365日全店舗使い放題で月額2,980円という低価格を実現しています。

着替えや靴の履き替え不要でそのままトレーニングできるので、仕事終わりや育児の合間のちょっとした時間に運動ができて、非常に使い勝手がよいです。

完全無人のジムなので、初心者も一目を気にせずトレーニングできます。ただし、他のジムと比べるとマシンなどの設備が充実していないことがあるので、入会前に確認しておきましょう。

ジムの相場はあくまでも目安!自分に合うジムを選ぼう

ジムは立地や種類などで料金が大きく異なります。お金をかけずに運動したいなら公営ジムでもよいですが、ジムの効果をしっかり実感するには、専属のトレーナーがいたほうが効率的です。

「ファディー」は、AIを活用した女性専用パーソナルトレーニングジムです。1人1台のマシンで、あなただけのトレーニングが受けられます。

AIの導入により、トレーナーがつかなくてもその人に合うプログラムを作れるので、人件費を抑えられるぶん、リーズナブルな料金で利用できます。気になる方は、まずお試し体験を利用してみてください。





少し運動したり、軽い食事制限をしていればスタイルをキープできていた20代と違って
女性は年齢を重ねると、さまざまな要因から痩せにくい身体へと変化していきます。

美しさを保つために、日々たくさんの努力をされているかと思いますが
仕事に家事に育児に・・・とにかく時間がない!という方も多いはず。
パーソナルトレーニングジムなら、
限られた時間のなかで効率的にあなたの理想に近づくことができます。

「気になる身体の部位を絞りたい」
「スタイルをキープをしたい」
「運動をして心も身体も若々しくきれいでいたい」


という方、大歓迎です!

女性専用パーソナルトレーニングジムのFURDI(ファディー)は、あなたの身体に合わせて最適なトレーニングプログラムを準備しています。
1回、15分~30分程度だから、隙間時間を活用できます!
限られた時間のなかで賢く効率的に、あなたの理想を叶えましょう!





運営者情報と記事の信頼性





パーソナルトレーニングジムFURDI編集部


女性専用AIパーソナルトレーニングジムを運営。
「正しく」「楽しく」「健康的に」がモットーです。
読者の方が理想とするカラダになれるよう科学的な根拠の基、信頼のある情報をわかりやすく発信しています。

弊社ジムのインストラクター、栄養士を監修者としておいています。
監修者:FURDI専属トレーナー、専属栄養士


人気記事一覧
    [wpp post_type=’column’ thumbnail_width=80 thumbnail_height=80 limit=4 stats_views=0]