意外と知られてない成長ホルモンの6つの効果

  • 2020.08.18
意外と知られてない成長ホルモンの6つの効果

運営者情報と記事の信頼性

パーソナルトレーニングジムFURDI編集部

女性専用AIパーソナルトレーニングジムを運営。
「正しく」「楽しく」「健康的に」がモットーです。
読者の方が理想とするカラダになれるよう科学的な根拠の基、信頼のある情報をわかりやすく発信しています。

    弊社ジムのインストラクター、栄養士を監修者としておいています。 監修者:FURDI専属トレーナー、専属栄養士


【最先端フィットネスジム&専属トレーナー完全監修】
【食べても痩せる‼】糖質制限BOOK (PDF)

【完全版】必ず痩せるダイエットブック (PDF)
↑今なら無料ダウンロードできます!※無料期間2022年6月30日まで


子どもの成長に欠かすことのできない成長ホルモンですが、実は大人になっても必要なことを知っていましたか?今回は意外と知られていない重要な成長ホルモンの働きと健康・美容への効果をご紹介します。

太りにくくキレイな身体を維持するために運動が不可欠な理由

体重がそこまで増えたわけではないのに「気づけば、おばさん体型に…」そんな悩みを持つ人もいるのでは?女性は加齢や運動不足などによって、基礎代謝量が低下すると、太りやすくなったり、ボディラインが崩れやすくなったりしてしまうのです…。
年齢を重ねても「痩せやすく・太りにくい身体」を維持するためには、筋肉量を増やして脂肪を燃焼できるように代謝をアップさせることが大切です。そのためにも、日頃から筋肉量をアップさせる運動を行っていきましょう!

「でも、ハードな運動はちょっと…」「ひとりで運動しても続かなさそう…」「運動未経験だし運動神経が悪いからできるか不安…」など、そう思う人も多いはず。

実は、基礎代謝を改善するのに苦しく激しい運動は必要ありません!
むしろ歪んだ骨格を整えるためのストレッチ、正しい筋トレや有酸素運動をすればOK。
自分に合った「ストレッチ×筋トレ×有酸素運動」のトレーニングで運動できれば、あなたの体もちゃんと変わります!

女性専用パーソナルトレーニングジムのファディーは、女性の身体に合わせて、しっかり効果が出るトレーニングプログラムを準備しています。
しかもパーソナルトレーニングジムなのに、7,678円(税込)と低価格だから通いやすい!

今すぐ「運動不足を解消したい」「たるんでしまった、ウエストやヒップを重点的にケアしたい!」という方は、ぜひ一度、実際にファディーに通っている体験者の声を確認して検討してみてください。
女性専用AIパーソナルトレーニング ファディー

成長ホルモンの作用

成長ホルモンは、主に脳下垂体前葉の「GH分泌細胞」という細胞から分泌されるホルモンです。成長ホルモンには主な作用2つあります。広く知られているのは子供の成長に必要不可欠な「成長に関する作用」ですが、もう一つ重要な作用として「代謝をコントロールする作用」があります。以下、分かりやすく6つに分類してご説明します。

1.身長を伸ばす

2.脂肪を分解する

3.疲労や怪我からの回復

4.美肌、アンチエイジング

5.病気への抵抗力、生活習慣病の予防

6.髪の毛の発育

6つの身体・美容への作用

1.身長を伸ばす

これは最も一般的に知られている成長ホルモンの作用ですね。成長ホルモンはIGF-1(ソマトメジンC)という成長因子の分泌を促進して、骨細胞の分裂や増殖を促すため、身長や骨格が成長していきます。成長ホルモンが分泌されるピークは思春期とされていて、思春期が終わると成長ホルモンの分泌量が減り始めます。以降は慎重を伸ばす作用はなくなり、後述する健康維持への作用が主な役割へと変化していきます。

2.脂肪を分解する

太りやすさには日々の運動量や基礎代謝量も関係していますが、成長ホルモンの分泌量も大きく関係しています。成長ホルモンは、体組織の修復・維持をする際に、体脂肪を分解して血中に放出します。分解され血中に放出された脂肪は遊離脂肪酸と言われ、エネルギー源として利用されます。成長ホルモンが分泌されている状態での有酸素運動は脂肪燃焼の効果を高めてくれると言うことですね。

3.疲労や怪我からの回復

成長ホルモンの働きには疲労や怪我からの回復をする作用もあります。成長ホルモンには、疲労・破損した体組織を修復・再生する働きがあり、肉体を酷使した場合(つまり筋肉の疲労)や、身体に怪我を負った場合、成長ホルモンがその細胞や体組織に働いて、回復させます。激しい運動や筋力トレーニングをした後に、筋肉が修復されて大きくなるのもこうした成長ホルモンの働きによるものです。

4.美肌、アンチエイジング

成長ホルモンには、体の様々な組織の修復・再生をする働きがありますが、肌もその一つです。成長ホルモンは、睡眠中に肌の新陳代謝を活発化させたり、血行を良くして肌の老廃物を取り除いたりしてくれます。肌がスムーズにターンオーバーするためにも、美肌やアンチエイジング、シミやシワの防止のためにも、成長ホルモンの分泌は必要不可欠です。女性の美にとって重要な一つの要素が成長ホルモンです。いつまでも若くいるためには、成長ホルモンの分泌が鍵なのです。

5.病気への抵抗力、生活習慣病の予防

これもまた成長ホルモンの重要な作用です。成長ホルモンには体組織の修復・再生をする働きがあるため、身体を修復し、体力を回復させることで、身体の働きを正常に保ち、病原体(菌やウイルス)や病気への抵抗力・免疫力を高める働きがあります。また、成長ホルモンの分泌が盛んな睡眠中は、同時に睡眠ホルモンのメラトニンが分泌される時間でもあります。良質な睡眠を取ることは、メラトニンの抗酸化作用とNK細胞の活性作用なども相乗効果となり、免疫力の強化と生活習慣病の予防にも繋がります。

6.髪の毛の発育

成長ホルモンが再生させる体組織の一つとして、髪の毛も該当します。

身体の各組織のうち、生命を維持する上で、より重要な役割を担っているのは、脳や内臓組織です。そのため、一般的にはそうした重要な組織ほど、成長ホルモンによって修復・再生されやすい箇所です。そのため、髪の毛や肌、爪などは後回しになりやすい部位になります。つまり、成長ホルモンの分泌が不足すれば、真っ先に影響を受けやすい部位でもあります。抜け毛の原因は、遺伝や男性ホルモンの多寡、栄養不足や加齢など、様々な原因がありますが、成長ホルモン不足も原因の一つと考えられています。

成長ホルモンを意識した生活習慣でエイジングケアを始める

成長ホルモンは思春期をピークに加齢と共に減少しますが、生きるうえで必要な基礎代謝を支えるホルモンで、健康的な身体づくり、免疫力強化だけでなく美肌・美髪などの女性に嬉しい効果も期待できます。

また、できるだけ成長ホルモンが分泌されやすい習慣・生活を送ることで、分泌を促していことは可能です。

近年、様々な、エイジングケア対策がでてきています。まずは適切な「運動・筋力づくり、睡眠、食事、休息」などのバランスを意識した生活をできるだけ心がけて、身体の内側から加齢に抵抗していくことがエイジングケアの近道です。

太りにくくキレイな身体を維持するために運動が不可欠な理由

体重がそこまで増えたわけではないのに「気づけば、おばさん体型に…」そんな悩みを持つ人もいるのでは?女性は加齢や運動不足などによって、基礎代謝量が低下すると、太りやすくなったり、ボディラインが崩れやすくなったりしてしまうのです…。
年齢を重ねても「痩せやすく・太りにくい身体」を維持するためには、筋肉量を増やして脂肪を燃焼できるように代謝をアップさせることが大切です。そのためにも、日頃から筋肉量をアップさせる運動を行っていきましょう!

「でも、ハードな運動はちょっと…」「ひとりで運動しても続かなさそう…」「運動未経験だし運動神経が悪いからできるか不安…」など、そう思う人も多いはず。

実は、基礎代謝を改善するのに苦しく激しい運動は必要ありません!
むしろ歪んだ骨格を整えるためのストレッチ、正しい筋トレや有酸素運動をすればOK。
自分に合った「ストレッチ×筋トレ×有酸素運動」のトレーニングで運動できれば、あなたの体もちゃんと変わります!

女性専用パーソナルトレーニングジムのファディーは、女性の身体に合わせて、しっかり効果が出るトレーニングプログラムを準備しています。
しかもパーソナルトレーニングジムなのに、7,678円(税込)と低価格だから通いやすい!

今すぐ「運動不足を解消したい」「たるんでしまった、ウエストやヒップを重点的にケアしたい!」という方は、ぜひ一度、実際にファディーに通っている体験者の声を確認して検討してみてください。
女性専用AIパーソナルトレーニング ファディー

  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
  • YouTube