糖質制限とカロリー制限の違いを徹底比較!脂肪を減らしやすいのは?

  • 2021.05.24
糖質制限とカロリー制限の違いを徹底比較!脂肪を減らしやすいのは?

運営者情報と記事の信頼性

FURDI編集部

女性専用AIフィットネスジムを運営。
「正しく」「楽しく」「健康的に」がモットーです。
読者の方が理想とするカラダになれるよう科学的な根拠の基、信頼のある情報をわかりやすく発信しています。

    弊社ジムのインストラクター、栄養士を監修者としておいています。

↑クリックですぐにYouTubeチャンネルに移動できます!



【最先端フィットネスジム&インストラクター完全監修】
【食べても痩せる‼】糖質制限BOOK

(オリジナルPDF)
↑今なら無料ダウンロードできます!

「ダイエットで食事制限をするなら、カロリー制限と糖質制限どっちが良いの?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。ダイエットの食事法として代表的な「カロリー制限」「糖質制限」。やり方や効果が気になりますよね。

そこでこちらの記事では「糖質制限」と「カロリー制限」の方法や効果について徹底的に比較していきます。どちらのダイエット法がご自身に合っているのか、チェックしてみてください。

YouTubeでも糖質制限についての動画を投稿していますので、ぜひこちらも参考にしてみてください!

糖質制限とカロリー制限の違い

 

「糖質制限」と「カロリー制限」は、ダイエットの食事法として代表的なものです。

こちらではそれぞれの特徴について解説していきます。

糖質制限

糖質を控える代わりに、たんぱく質や脂質をしっかり摂るのが糖質制限です。糖質を制限することで、脂肪が燃えやすくなり体脂肪を減らせます。

糖質以外の制限はないため、肉や脂質など、腹持ちの良い食べ物がしっかり食べられるので、空腹を感じにくいのが特徴です。

たんぱく質をしっかり摂るので筋肉が減りにくく、基礎代謝が落ちてしまう心配はありません。糖質が多い食べ物を控えるだけなので、面倒な計算などは必要ないのも特徴です。

ただし、糖質制限でも1日に必要なカロリーをオーバーしてしまうと太ります。

カロリー制限

カロリー制限は食事のカロリーを減らし、消費カロリーが上回ることで痩せる方法です。毎食カロリー計算が必要で、カロリーが高い油は敬遠されがちです。低脂質のメニューになりがちなので、お腹が空きやすくなります。

カロリーを制限することだけに注目してしまうと、食事のバランスがくずれて栄養が偏ってしまいます。痩せたとしても筋肉量が減り「食事を戻したらダイエット前より太ってしまった」という可能性があるため注意が必要です。

糖質制限とカロリー制限を徹底比較

糖質制限とカロリー制限では、食事の方法や効果が異なります。ご自身に合うダイエット方法はどちらなのか知りたい方も多いでしょう。

こちらでは、糖質制限とカロリー制限を徹底比較していきます。どちらを選ぶのか検討してみてください。

簡単にできるのは

簡単にできるのは糖質制限です。糖質制限は糖質を控える方法なので、糖質量が多い穀類や芋類、甘いものなどを避ければOKです。

一方、カロリー制限は食事のたびに食べ物のカロリーを計算しなければなりません。食べるものを1つずつ計算するのが好きな方は良いですが、計算が面倒になってダイエット自体をやめてしまうかもしれない方には糖質制限がおすすめです。

ダイエット効果が出やすいのは

ダイエットの効果が出やすいのは糖質制限です。カロリー制限は食べる量を減らすので、体が飢餓状態になりやすく、筋肉を分解してエネルギーに換えようとします。その結果、筋肉が減ってしまう恐れがあります。

一方糖質制限は、糖質を制限することで体脂肪をエネルギーとする体に変える方法です。さらにたんぱく質をしっかり摂るので筋肉量が減りにくいのも特徴です。脂肪が燃えやすく、筋肉量が減りにくい糖質制限のほうがダイエット効果が高いと言えるでしょう。

辛くないのは

辛くないのは糖質制限です。糖質を制限する代わりに肉や魚、脂質などはしっかり食べられるので空腹を感じにくいからです。

カロリー制限ではカロリーを抑えることばかりに目を向けると、どんどん食べる量を減らして自己流のダイエットに陥る可能性があります。低カロリーの食事は空腹を感じやすく、続けることにストレスがたまってドカ食いに走るリスクが高くなります。

コスパが良いのは

コスパで考えると、カロリー制限のほうが良いかもしれません。カロリー制限は、食事量を減らせば実行できるからです。

糖質制限は肉や魚が多くなるため、糖質メインの食事に比べるとお金がかかる場合も…。しかし、鶏むね肉やこま切れ肉などの比較的安い食材も多いので、上手く利用すれば食費を抑えることは可能です。安価で栄養豊富な卵も積極的に取り入れましょう。

続けやすいのは

続けやすいのは我慢が少ない糖質制限です。おやつには低糖質なナッツやチーズを食べられるので、お腹が空いて辛いということはそれほどないでしょう。カロリー制限は肉類や脂質を敬遠しがちで、お腹が空きやすいので辛さを感じることがあります。

ダイエットは続けることが大切です。万が一糖質をたくさん食べてしまっても、次の食事で調整すれば良いんです!あまり神経質にならず、継続することを心がけていきましょう。

糖質制限でもカロリーオーバーしないように注意しよう!

糖質制限で糖質を抑えたとしても、カロリーオーバーすれば太ります。1日に必要なカロリーをオーバーしないように気をつけましょう。

糖質制限では、脂質やたんぱく質は制限がありません。しかし、脂質は1gあたり9Kcal もあります。

  • たんぱく質・・・1gあたり4kcal
  • 脂質・・・1gあたり9kcal
  • 炭水化物・・・1gあたり4kcal

炭水化物(糖質)を控える代わりに、同じ量の脂質を摂るとカロリーオーバーするので注意が必要です。

糖質が少ないからと言って脂質たっぷりのナッツをたくさん食べたり、脂が多いお肉ばかり食べたりしないように気をつけましょう。

まとめ

「糖質制限」と「カロリー制限」は、やり方や効果が異なります。体脂肪を落としたい、面倒なカロリー計算はしたくないという方は糖質制限がおすすめです。糖質制限は体脂肪を燃焼しやすい体に変え、さらに筋肉も落ちにくい方法です。

カロリー制限は、食事バランスを整えながら行わないと体が飢餓状態になり、筋肉が落ちてかえって太りやすくなる可能性があります。決して自己流で行わないように気をつけましょう。

糖質制限も必要なカロリーをオーバーすれば太ります。厳しいカロリー制限は必要ありませんが、1日に必要なカロリー以上に食べないように気をつけてくださいね。

続けやすい方法を選んで、楽しくダイエットを行っていきましょう!



運営者情報

FURDI編集部

女性専用AIフィットネスジムを運営。
「正しく」「楽しく」「健康的に」がモットーです。
読者の方が理想とするカラダになれるよう科学的な根拠の基、信頼のある情報をわかりやすく発信しています。

    弊社ジムのインストラクター、栄養士を監修者としておいています。

  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
  • YouTube